So-net無料ブログ作成

祝★2014年の日本の世界遺産に富岡製糸場が認定!おめでとうございます♪

本日の6月21日に2014年の日本での世界遺産に富岡製糸場が認定されました!日本での世界遺産は18件となるそうです。全く知らない所でしたが、とても嬉しいですね★これから、多くの観光客が集まり、盛んになっていくと良いですね!

【ドーハ時事】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は21日、カタールの首都ドーハで開催中の世界遺産委員会で、日本が推薦していた「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)世界文化遺産に登録すると決定した。国内の世界文化遺産は昨年登録された富士山に続き14件目自然遺産を含めると18件目となる。
 富岡製糸場(富岡市)は1872年に明治政府が西洋の技術を導入して建設した当時世界最大規模の器械製糸場で、木骨レンガ造の繰糸場などの生産設備がほぼ完全に残る。
 遺産はこのほか近代養蚕農家の原型とされる「田島弥平旧宅」(伊勢崎市)、自然の冷気で蚕の卵を貯蔵した「荒船風穴」(下仁田町)、養蚕技術の教育機関「高山社跡」(藤岡市)の計4カ所で構成。群馬県などが2003年から登録に向けた運動を続け、政府が13年に推薦していた。
 現地調査を行ったユネスコ諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)は、日本の近代化への貢献に加え「伝統的な養蚕技術に西洋の技術を加えてさらに発展させた。世界の絹産業の革新と生糸大衆化に決定的な役割を果たした」と高く評価。今年4月に世界遺産への登録を勧告していた。
 世界文化遺産の推薦枠は各国年1件。日本は来年の登録に向け、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(福岡、鹿児島など8県)を推薦しており、今夏ごろイコモスの現地調査が行われる。  (引用:yahooニュース)


おめでとうございます!!!

スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【西村雄一】年収と画像。誤審でブラジル勝利と海外の反応が怖い!宇多田も英語でtwitter・・・

画像あり◆審判の西村雄一が誤審でブラジル勝利?海外の反応や、宇多田ヒカルも英語でこの件について触れていました!年収も気になりますよね!審判って給料良いのでしょうか?


クロアチア代表DFデヤン・ロブレンの夫人が、12日に行われたブラジル戦(1-3)での西村雄一主審の判定に憤りを示している。
ロブレンは1ー1で迎えたこの試合の69分、ペナルティーエリア内で相手FWフレッジを倒したとして、ファウルを取られた。この西村主審のジャッジは、世界中で大きな議論となっている。
ロブレン夫人は『インスタグラム』で、自身の心情を表現した画像を掲載。そこにはブラジル代表のユニフォームを着た西村主審が映っている。
なお、ロブレンは西村主審のPK判定について「悲しい。泣きたいくらいだ。みんな見ていた。FIFAにとってスキャンダラスなことだ」とコメントしていた。
(引用:yahooニュース)


先日のクロアチアVSブラジルでの戦いに審判をしていた西村雄一への誤審が疑われた。

この試合を見た人達の、多くの話題となりましたね!!!

アナタはどう思いましたか?


宇多田ヒカルもtwitterで英語でつぶやき


この試合後に、試合を見ていなかったのか・・・

新婚の宇多田ヒカルは、こんなtwitterでの発言をしてしまった。

宇多田はこの日の最初のツイッターで、「クロアチアの皆さん、不運な試合でしたが日本人を嫌いにならないで」と英語で呼びかけた。西村氏のPK判定に、クロアチア代表のニコ・コバチ監督を始め、大きな不満が起こっていることに触れた。
その後、宇多田は再びツイッターで「周りのサッカーファンがみんな誤審だって騒いでたから鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった 西村さんごめんなさい」と今度は日本語で謝罪した。
物議をかもしたプレーは試合後半に起こった。クロアチアのDFデヤン・ロブレンがブラジルのFWフレッジを後ろから倒したとして、西村主審がブラジルにPKを与えた。クロアチアの選手は西村主審に激しく詰め寄り、コバチ監督も試合後、「あれがPKならこの大会で100個くらいのPKが出る」などと不満を漏らした。結局、このPKによる得点が決勝点となり、クロアチアは1‐3で負けた。 (引用:yahooニュース)


そのtwitterがコチラ↓↓↓







スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。